フリースキーのためのスキーブーツの選び方

投稿者:

スキーの選び方に続きブーツの選び方をまとめてみます。

フリースキーのブーツに求める要素は大きく二つ

①フレックスの柔軟さ
②タイトな履き心地

今回もざっくりです!笑
それでは順番に説明していきましょう!

①フレックスの柔軟さ

「フレックス」はブーツの素材の硬さを示す場合がありますが、今回の「フレックス」はブーツの曲げやすさになります。下の図がフレックスを出した (ブーツを曲げた) 状態になります。

フリースキーのトリックや、動きをするのに適したポジションを取る際、足首を曲げて膝をしっかりと前に出す必要があるので、フレックスが柔軟なブーツの方が動きが出しやすくなるんですね。

特にスイッチのポジションを取る時に、フレックスが柔軟なブーツ方が適しているように感じます◎

ブーツのカタログに記載されているフレックスはブーツの素材自体の硬さを示しています。数値が高いものが硬く、数値が低いものが柔らかい、ということになるので一つ目安にしてもらってもいいと思いますが、実際に足を入れてみてブーツを曲げて確認してみて下さい。

ブーツの構造によって数値以上にフレックス具合がかわりますし、インナーを変えることでもフレックスは変わります。

②タイトな履き心地

続いてはブーツの「タイトな履き心地」です。

スキーをする際にブーツと足の間に隙間があればあるほど、ブーツの中で足が動いてしまいます。
ブーツの中で足が動くと結果として、身体の動きに対してスキーの反応が遅れてしまい、スキー操作がしづらくなったり、パワーの伝達が悪くなってしまいます。

一見ルーズな動きが多いように見えるフリースキーですが
ルーズなフィッティングのブーツは禁物です。

プロショップの方に聞くと、実際の足のサイズより大きなサイズのブーツを選んでしまう事が原因になる事が多いようです。というのも試し履きでブーツに足を入れた際の快適さでブーツを選ぶ方も多いようで「ブーツがキツイ=調子が悪い」と感じてしまいサイズの大きなブーツを選んでしまうケースがあるみたいです。

ですが実際にブーツがきつすぎて血が止まってしまったり、足が当たって痛くなるようではフリースキーを快適に楽しむことが難しくなってしまいます。自分の足に合うブーツと巡り会えればいいのですが、足の形は千差万別、タイトだけどしんどくないブーツに巡り会えることは少ないです。

そこでブーツのチューンナップをお勧めします、ブーツを自分の足に合わせてしまえばいいんですね◎

ブーツチューンナップの代表的なものとして
・シェル出し=足の当たる部分を熱で温めて膨らませて当たらなくする
・サーモインナーの熱成形=インナーを自分の足型に成形することでフィット感を上げる
・インソールの変更=既製品を入れたり、カスタムインソールを作成することでフィット感を上げる

↑この辺りが主流です。
自分の場合は幸いなことにどんなブーツでも足が当たらないので、サーモインナーの熱成形とインソールの変更のみでフィッティング良くしています。それと足の実寸は26㎝ですが、ブーツサイズを25.5㎝にしてよりタイトになるように工夫しています。

「3バックルタイプ」「4バックルタイプ」について

現在フリースキーヤーの使用しているブーツは「3バックルタイプ」か「4バックルタイプ」が主になると思います。どっちを選ぶべきか難しいのではないでしょうか?

「3バックルタイプ」と「4バックルタイプ」はバックル(ブーツを締めるパーツ)の数でタイプを分けているように感じるかもしれませんが、実はブーツの構造が大きく違い、特性が変わってきます。

3バックルタイプは柔軟なフレックスを備えた物が多く
4バックルタイプはタイトな履き心地の物が多い印象です。

ここ1年、上の写真のブーツ(左:イルモロID 右:DSシリーズ)をどちらも使用してみましたが、どちらもいいブーツで良さが違います。イルモロIDは柔軟なフレックスに踵の収まりの良いタイトさを持っていて、DSはタイトでパワーロスのない高い滑走性を持っています。

どちらのブーツでも、パークからフリーライディングまで可能ですが、どちらかのタイプを選べと言われたら自分の場合は3バックルを選ぶと思います◎

と言いながら昨年のフォルクルの撮影では4バックルを履いていました。

まとめ

フレックスの柔軟さをもったタイトな履き心地のブーツを探してみてください!

とは言えブーツ選びはスキー選びより難しく、重要です。
そこで、個人的にはプロショップと呼ばれる専門的なお店でブーツを購入することをお勧めします。ブーツのチューンナップも含めて、プロショップの方の経験値は大きな手助けになると思います。

動画も作成したので合わせてチェックしてみて下さい!

自分がサポートしてもらっているダルベロブーツのカタログはこちらから
http://www.mdvsports.co.jp/2019-2020_user_catalogue/