ゴーグルの選び方

投稿者:

ゴーグルは風や光(紫外線)などから目を守り、滑走時の視野の確保(=安全性の確保)する役割をしています。
そして機能だけではなく、メーカーやデザインの好みが大きく分かれるアイテムだと思います◎
そんなゴーグルを選ぶときのポイントをまとめてみました。

・2重レンズを搭載していること
・視野が広いこと
・レンズカラー、可視光線透過率(VLT)
・デザイン

それでは順番に説明していきます。

2重レンズを搭載していること

すでにフリースキーをやっている人には常識だと思いますが、ゴーグルのレンズが2重構造になっているものを選んで下さい。レンズが一枚で構成されているものだと、ゴーグル内の温度と外気温の差でレンズの内側が曇りやすくなってしまいます。レンズを2重にすることで外気とゴーグル内の間に空気の層が出来、レンズが曇り辛くなります。

スキーは滑っていても汗をかきますし、特に湿気の多い日なんかでは2重レンズである事が必須になってくると思います。特に雪や曇天の日にレンズの内側が曇ってしまうと、さらに視界が確保が難しくなりクラッシュする危険性が上がってしまうので注意が必要です。

現在市場に並んでいるゴーグルは2重レンズの方が多いと思いますが、念のため注意してみて下さい◎

・視野が広いこと

特にフリースキーの使用の場合は回転をしたり、スイッチスタンス(後ろ向き)になったりと姿勢的に視野が狭くなりがちです。そのため、ゴーグルの視野の広さ確保できるものを選ぶと快適さと安全性が増してきます。

シンプルにレンズが大きいものもあれば、フレームを薄くすることで視野を確保するものなど様々ですが、近年のモデルはどれも視野が確保されているように感じますね。

試着の際に振り向いてみたり、スイッチのポジションを取ってみたり、いろんな姿勢で確認して見ることをおすすめします。(変な人と思われかもしれませんが笑)s

・レンズカラー、可視光線透過率(VLT)

レンズにはいろんな加工がされていますが、レンズカラーと可視光線透過率は非常に重要なポイントになります。

←エレクトリックのレンズの適合表。

レンズの色味が目に合うかが一つ大きなポイントになります。ここで言うレンズの色味は、レンズそのもののカラーで、ミラーなどの加工の色ではありません。オレンジやピンク、黄色の暖色系と、ブルーやグレイなどの寒色系は好みが大きく別れると思います。

そして、レンズには「可視光線透過率」(VLT)が記されていて、どのくらい光を通すかが分かるようになっています。

可視光線透過率が低いレンズは光の遮断が強く天気のいい日に適していて、可視光線透過率が高いレンズは曇りや豪雪の日などに適しているとされています。

日本のフィールドの多くが曇りがちな事が多いため、可視光線透過率が高いレンズの出番が多くなるように思いますが、春の晴天時などは可視光線透過率の低いレンズの方が目に優しいです。

自分は夕方や急な曇りで雪面が暗くなるのが嫌で、可視光線透過率が高いレンズを使用する事が多いです。
上の表の下に載っている日本限定レンズ(JPと記載)されているシリーズが好みです。そんな日本限定レンズの中でもGREY/GOLD CHROME JP が一番支持を集めているとかいないとか。

近年では調光レンズと呼ばれるレンズも出ていて、私がサポートしてもらっているエレクトリックではPHOTOCHROMICという名前で展開しています。調光レンズは紫外線に応じてレンズカラー自体が変化し可視光線透過率が変えるという仕組みになっていて、ピーカンからの急な曇りなどの天候の変化(光量の変化)対応します。
実際に今シーズン使った印象としてはナイターでも問題なかったですね。というのもレンズ自体がブローズピンクに近い明る色なので、基本的に紫外線が当たってないときでも見やすいカラーなのです。

そんなPHOTOCHROMIC、下の写真をスクロールしてもらうと紫外線によるレンズカラーの変化が分かりやすいかと思います。紫外線ライトを当てた部分が黒くなっているのが分かると思います◎

・デザイン

フリースキーでギアを選ぶ時に毎回重要になってくるデザイン。特にゴーグルはこだわりが出やすいと思います。好きなライダーのシグネチャーモデルや好きなライダーが使用しているメーカーで絞っていくと選びやすくなると思います。次の項で詳しく書きますが、球面レンズと平面レンズは好みが分かれるところですね◎

最近はその日の気分でゴーグルを変えることもおおいです。

球面レンズと平面レンズの違い

ゴーグルにはレンズの形状が二つあります。

球面レンズ
ゴーグル内の容量が多く、平面レンズのモデルより曇りづらいと言われています。またレンズが硬くなるため、プロテクターとしての力も強くなるようです。エレクトリックのお勧めはEGG、EG2ですね◎

平面レンズ
平面レンズは一般的にフレームがやわらかくつけ心地が軽く、さらにレンズが平面のため視界が歪みにくいと言われています。エレクトリックのお勧めはKLEVELAND、EGXです◎

というわけでゴーグルの選び方をまとめてみました!
顔に合う合わないがあるので、ゴーグルを買う際はぜひショップに出向いて試着することお勧めします◎

もちろんオススメのブランドはELECTRICです◎
19-20モデルのカタログはこちらから↓
http://charlie-trading.sakura.ne.jp/pdf/ELECTRICGOGGLE19-20CATALOG.pdf